「ほっ」と。キャンペーン

Under Each Other's Spell

b0138838_2117459.jpg
 現在もニューヨークで開催中であるが、おそらく日本の美術ジャーナリズムでは紹介されることがない興味深い展覧会のカタログが手に入った。
 「Under Each Other’s Spell」、和訳するならば、「互いに魅せられて」といったところか。いささか謎めいたタイトルであるが、「具体とニューヨーク」というサブタイトルを参照すればその意味は容易に了解される。この展覧会は1954年に芦屋で結成され、日本の戦後美術の出発点を画すのみならず、現代美術の神話として名高い具体美術協会のアメリカにおける受容を主題としている。ゲスト・キューレーターはミン・ティアンポ。芦屋市立美術博物館で具体美術協会の調査に携わった後、グレイ・アート・ギャラリーにおける「田中敦子展」などに関わった若い女性研究者で近くシカゴ大学出版局より『具体 分散するモダニズム』という著書を上梓する予定ということだ。
 残念ながら展覧会を実見する予定はないので、例によってカタログを参照しながら所感を述べる。この展覧会の中で具体とニューヨーク、つまりアメリカの美術界との交渉はいくつかのレヴェルで検証されている。まず展示された作品の大半はマンハッタンに住む画家ポール・ジェンキンス夫妻のコレクションである。ジェンキンスによれば、それらは64年に彼が日本を訪れた際に作家たちから贈られたものであるという。クオリティーの高い小品が多いことはこのような理由によっている。私はモーリス・ルイスの亜流であり、しかも妙に感傷的なジェンキンスの絵画を全く評価しないが、おそらく同じ理由によって日本ではルイス以上に人気のあるジェンキンスは当時より具体のみならず日本の美術界と交流をもっていた。たまたまジェンキンスの家を訪れたポロック-クラズナー・ハウス・アンド・スタディセンターのディレクターがそこにあった具体美術協会の作家たちの小品に目をとめたことがこの展覧会の発端であったとカタログの前書きにある。
 具体美術協会は活動の初期から機関誌を発行して世界各地に自分たちの活動を紹介し、作家や批評家を結ぶネットワークを形成した。この点を解明することもこの展覧会の主要な目的となっており、この点は美術におけるグローバリズムの起源とも呼ぶべききわめて今日的な問題意識と結びついている。ミンはこのようなネットワークが国際郵便というシステムと密接に結びついて構築されたことを論じ、このような交流の一つの帰結としての58年、ニューヨーク、マーサ・ジャクソン・ギャラリーにおける具体美術展を取り上げ、最後にジェンキンスと具体美術協会の作家たちとの交流の場になったグタイピナコテカの活動に触れつつ、そこを訪れた多くのアメリカ人作家の名を羅列している。しかし論文自体が短く、テーマ的にも限定されているためか、ミンの論文は具体美術協会に関してよく知られた事実をなぞることに終始してあまり新味がない。特にその全容が未だに未解明といってよいマーサ・ジャクソン・ギャラリーでの展覧会とその反響に関しては地の利を生かしてさらに詳細な検証がなされてもよいのではないかと考えるが、特に新しい知見は得られず、使用されている展示の図版も芦屋市立美術博物館の具体美術協会アルカイヴに収められた旧知のイメージである。本論文から得られた唯一の新しい情報は、機関誌『具体』がニューヨーク、パリ、トリノ、アムステルダム、ヨハネスブルグに向けて発送されたというコメントである。これほど具体的に地名が特定されているからには当然根拠があるだろうし、おそらくそれは彼女が整理に従事した芦屋美術博物館の具体アルカイヴの資料と推測される。ところが註には具体的な資料が明示されず、この問題については近く刊行される自分の新著を参照せよとのこと。展覧会は著書の宣伝の場ではない。学術論文における事実関係の指摘である以上、典拠が明示されていないのは問題ではなかろうか。
 これに対して、同じカタログ所収の大島徹也の論文は興味深い新発見を丹念に検証している。大島はかつてポロックに関する各所のアルカイヴを調査して、現在大原美術館に所蔵されているポロックの《カット・アウト》のオーサーシップと制作年についてきわめて説得的な異論を呈したことがある。今回の論文はおそらくこの調査の副次的な成果であろうが、大島はポロックのアルカイヴの中に具体美術協会のメンバーであった嶋本昭三の手紙を発見し、今回のカタログでその全文を紹介している。ポロックの死後、書斎から具体美術協会の機関誌が発見されたことは有名な事実であり、このエピソードは具体美術協会の神話化に大きく寄与した。これまでなぜポロックがこれらの機関誌を、しかも複数部所持していたかは謎とされていたが、この手紙を読むならば事実はきわめて単純であり、嶋本がおそらくは指導者吉原治良の指示に従って直接郵送していたのである。コロンブスの卵とも呼ぶべき解決である。具体美術協会の作家たちがこの事実を公表しなかったことは自らを神秘化する意図があったかもしれないが、単に送った相手を記録していなかったということも十分にありうるから、今後の検証が必要とされるだろう。いずれにせよ、きわめて早い時期に現代美術に関わる国際的なネットワークの構築を試みた点において、この集団の先見性は明らかであり、このような交渉史にさらにパリのミシェル・タピエという函数を加える時、1950年代にニューヨークとパリの間で繰り広げられた美術の覇権をめぐる闘争に新たな光を当てることができるかもしれない。大島は吉原がポロックのアドレスを手に入れるにあたって長谷川三郎が仲介した可能性を示唆している。吉原は早い時期からポロックのアクション・ペインティングに関する情報を得ていた形跡があり、この点から具体美術協会とアクション・ペインティングの関係を再検討することもできよう。今回の発見は50年代の表現主義的絵画に関してなおも多くの研究の余地が残されていることをあらためて私たちに示唆する。
 カタログのイメージを上に示す。写真からもわかるとおり、このカタログはポロックに関する記事が掲載された具体美術協会の機関誌『具体』6号の装丁を模しており、巻末には当該記事が見開きでそのまま収録されている。著作権の問題が気にならないでもないが、展示の内容に即したなかなかしゃれた意匠である。近年、具体美術協会への関心はヨーロッパで再び高まっている。アメリカでは日本の戦後美術を紹介する展覧会やアクションを主題とした展覧会に組み入れられたことはあっても、具体美術協会単独の展覧会は今日にいたるまで開かれたことがない。今回の展覧会、あるいは来年刊行されるというミンの新著がアメリカにおける具体美術協会の再評価、そして研究の進展の契機となればよいと感じる。
by gravity97 | 2009-09-22 21:17 | 展覧会 | Comments(0)

NEW ARRIVAL 090915

b0138838_20534868.jpg

by gravity97 | 2009-09-17 20:54 | NEW ARRIVAL | Comments(0)

 8月にフォークナーを読む。今年の夏がミシシッピーのごとき炎暑の夏であればよかった。
私は大学の教養時にフォークナーを耽読した。当時は『響きと怒り』『八月の光』『サンクチュアリ』そして『アブサロム、アブサロム!』といった代表作が普通に文庫本で手に入ったのだ。『アブサロム、アブサロム!』は集英社文庫に収められていた。篠田一士による同じ翻訳であるが、先般、池澤夏樹の編集による河出書房新社版世界文学全集の一巻として新装版が刊行されたことを機に再読することにした。かつて通読したことは覚えているが、初読の際には、とにかく読みにくく、内容の理解に抗うかのような異様な小説であったことしか覚えていない。文字のポイントも非常に小さかった印象がある。活字の大きさはともかく、今回、内容を文庫版と比較して難解さの理由が判明した。今回の全集版には巻末に作家自身が作成した年譜と系譜(登場人物の紹介)さらには地図が収められている。文庫版には年譜しか収録されず、それが作家本人の手によることも明記されていない。このため最初に読んだ際には特に参照しなかった訳だが、今から思えば、これでは物語を理解できようはずがない。今回、再読にあたってはまず年譜と系譜を何度も読んで物語の枠組を確認したうえでおもむろに本文に取り組む。
 この小説は語りが異常に入り組んでいる。冒頭で読者は暑い9月のミシシッピー、ブラインドを閉ざした熱気のこもる部屋に招き入れられる。物語を語るのはミス・コールドフィールドという老女。実に鮮烈な幕開けだ。しばらく読み進めると聞き手はクウェンティン・コンプソンというハーヴァード大学に進学した青年であることが明らかになる。そして冒頭の描写から明らかなとおり、彼らの背後にも三人称の語りを操る匿名の話者が存在し、作者にも擬せられる匿名の話者はこの後もたびたび物語に介入する。続く二章から四章まで、聞き手は同じコンプソンであるが、語り手はコンプソンの父親に代わる。五章はそのほとんどをローザ、つまりミス・コールドフィールドの内的独白が占める。フォークナーは活字の字体を変えて、五章の語りがいわば意識の流れであり、通常の語りとは異なる点を形式的に暗示する。字体の変調はこの長い小説の随所に認められる。六章以降はコンプソンがハーヴァード大学の寮の自室で友人シュリーヴ・マッキャノンを相手に自分の見聞を語る。語りの構造をひとまずこのように整理するならば、この小説の要に位置するのがクウェンティン・コンプソンであることは理解できるが、現実には語りが相互に嵌入し、語り手は判然としない。このため読者はいずれの登場人物に焦点化することも困難で物語はきわめて錯綜する。
 なぜかくも複雑なナラティヴが要請されるのか。この問いに答えることはさほど難しくない。『アブサロム、アブサロム!』で語られるのはトマス・サトペンなる人物の汚辱にまみれた一生である。ウエスト・ヴァージニアのプア・ホワイトの息子として生まれたサトペンはトラウマとなった幼年時代の屈辱に追われるように西インド諸島に渡り、なにかしらやましい仕事の結果巨万の富を手に入れてジェファーソンに帰還する。フォークナーの多くの物語の舞台となるヨクナパトーファ郡の町に多くの黒人奴隷とフランス人の大工を引き連れて到来したサトペンはそこに巨大な屋敷を建設し、町の商店主の娘、エレン・コールドフィールドと結婚し、ヘンリーとジューディスという二人の子をもうける。しかし自らが封印した過去の中からよみがえるかのようにいくつもの忌まわしい事件がサトペンの身辺で出来し、サトペンは破滅していく。近親姦と兄弟殺し。アメリカ深南部を舞台として、物語は神話的な様相を呈す。フョードル・カラマーゾフやレオポルド・ブルームを想起してもよい。野卑で俗悪な人物が神のごとき深みを帯びるという奇跡、それは優れた文学に共通する特質といえないか。サトペンの一代記、そして彼の子供たちをめぐる忌まわしい物語は常に他者によって語られる。しかも時系列は錯雑し、容易にその全体を見通すことはできない。神話との類比を考えるならば、この点は容易に了解される。神は決して一人称で語ることはない。神は矛盾しあう語りの中にこそその姿を現す。物語に神話的な奥行きを与えるために、フォークナーはきわめて意図的にこの晦渋な語りを採用したことが理解されよう。そして謎めいた語りの中から呪われた物語が次第に姿を現す場に立ち会うことがこの小説を読む醍醐味であろう。
 再読していくつかのことを感じた。まずフォークナーの小説には奴隷制がその影を色濃く落としている。ヨクナパトーファ・サーガを構成する物語は南北戦争後を舞台としている場合が多いから、黒人奴隷という制度自体は廃止されている。しかしアメリカ深南部において、奴隷制という暴力装置の痕跡はなおも生々しく残存し、差別や私刑、強姦や殺人といった主題に結びつくことはフォークナーの読者であればたやすく理解できよう。『アブサロム、アブサロム!』においてもこのような暴力性がいたるところで突出し、それは厩の中で黒人と半裸で血まみれになってあえぎながら殴り合いを繰り返すサトペンの姿に象徴されている。差別が物語を駆動する決定的なモメントとなっているのである。一つの社会における規範の喪失はこの小説の隠された主題であり、それは奴隷制という人間性の退廃と密接に結びついている。
 差別という問題と関連するならば、私はあらためてこの小説と中上健次の小説、とりわけ秋幸三部作との強い類縁性に驚いた。兄弟殺し、妹との相姦、そして父殺し、これらは『枯木灘』から『地の果て、至上の時』にいたる物語の中で正確に反復されている。私はフォークナーを読んだ後に中上を読んだから、当然この点に気づくべきであったが、思い至ることがなかった。『アブサロム、アブサロム!』の語りはそれほどまでに難解であったということであろう。しかしこのような類似の指摘は中上の小説を貶めることにはならない。それどころか日本語でフォークナーに拮抗する小説を書き上げた点に逆に世界文学としての中上の可能性を認めることができる。
 b0138838_154655.jpg『地の果て、至上の時』が『枯木灘』の後日談であるように。『アブサロム、アブサロム!』もまた『響きと怒り』という後日談をもつ。前者で物語の要の役割を果たしたクウェンティンは後者において入水自殺を遂げる。そしてここでも規範の喪失という主題が特異きわまりない語りの手法を介して浮かび上がる。ここで『響きと怒り』について詳しく触れる余裕はないが、この二つの小説ではいくつかのモティーフが共有され、ともに破滅と崩壊が語られる。ヨクナパトーファ・サーガとは総体として凋落する一つの時代の肖像といえるかもしれない。それは具体的には南北戦争後のアメリカ深南部という特定の時空と関わっていた訳であるが、同じような規範の喪失、凋落の予感を今日の日本に重ねあわせるのは私だけであろうか。
by gravity97 | 2009-09-14 15:05 | 海外文学 | Comments(0)