犬島アートプロジェクト

 ベネッセ・アート・サイトが瀬戸内海に展開する一連の美術施設は規模と持続性において日本に類例がない。作品と特定の場所を結びつける活動としてはアメリカのDIAアート・ファウンデーションによる一連のプロジェクトという先例があるが、実施主体に長期的な計画とそれなりの見識がなければ実現は難しいだろう。これらの活動は現代美術を所有すべきものではなく、管理保守すべきものととらえる点で画期的である。これまで主として香川県直島を舞台に繰り広げられてきたアート・プロジェクトが近年、近郊の犬島にも広げられたと聞いて、遅ればせながら出かけてみた。
 犬島アートプロジェクトと名づけられた一連の計画のうち、現在完了している作品は建築家の三分一博志と美術家の柳幸典がかつての銅の精錬所の内部を改造し、設置した「精錬所」である。かつての産業遺産を美術施設に転用した近年の例としてはテート・モダンが挙げられようし、実際いくつもの煙突やサンルーム、さらには発電所の廃墟まで内包した精錬所は遠景においてテート・モダンを連想させないでもない。現在、施設の見学は基本的に事前予約のツアー形式をとっており、私も事前に申し込んだうえで直島から45分ほどの海路を犬島に向かった。到着すると、船着場の傍らの「Inujima Art Project」と表示されたギャラリーで登録を行い、グループに分かれて約一時間の見学ツアーに参加した。ツアーは三分一がこれまでに実現したプロジェクトの模型の見学に始まり、続いて10人ずつ二つのグループに分かれて精錬所を巡回する。最初に三分一の設計理念がどのように精錬所のリノベーションに反映されているかを実際に精錬所の内部を歩きながら体験し、続いて柳によってこの精錬所のために制作された作品を見学し、植物を介して汚水を循環させるエコ・システムについての説明を受ける。そして最後に大規模な産業遺産である精錬所の廃墟の中を散策する。
 三分一によるリノベーションは明らかにエコロジーの思想と通底している。つまり太陽、地熱など自然のエネルギーを利用することによって、空調や照明などを可能な限り自足させ、周囲の環境への負荷を減らすという方針が貫かれている。具体的には多くの鏡をとりいれて、半分地中に建設された精錬所内の回廊を自然光の反射によって照らし出し、さらにチムニールームやサンルームといった独特の空間構造を生かして温度差を作り出した空気を建築の内部で対流させ、夏は室内を冷却し、冬は逆に暖める。迷路状の光の回廊はロバート・モリスやオノ・ヨーコの一連の作品を連想させないでもない。私が訪れた日はさほど暑くなかったため、対流による空調の効果のほどはよくわからなかった。
 1909年に建設された犬島精錬所は銅価格の暴落のため、わずか10年ほどしか稼動しなかったという。巨大な施設が建築されてまもなく放棄されるという事態自体も現代美術と無関係ではない。ロバート・スミッソンは幾度となく遺棄された場への共感を語っているし、崩壊寸前にある大煙突(無数のひび割れが視認され、それゆえツアー中、ガイドの指示なき場所への立ち入りは固く禁じられている)は彼がいうエントロピーの増大を例証するかのようだ。ところで銅の精錬は自然破壊や公害と深く関わっている。瀬戸内海の島に精錬所が建設された理由は原料を輸送するうえでの利便性とともに精錬時の煙害の被害を抑えるためであった。私はエコロジーといった誰もが批判しづらい理念によって作品を統制することを好まないし、そのような作品はくだらないと考えるが、今述べたような歴史的背景を勘案する時、三分一がこの施設を先に述べたようなコンセプトに基づいてリノベーションしたことに深い必然性を感じる。いうまでもなく建築家の選択はベネッセ・アート・サイトがいかなる哲学の下に一連のプログラムを推進するかという問題に関わっている。たとえ地中に造られたとしても圧倒的な存在感を示す安藤忠雄の建築群の傍らに置く時、廃墟に寄り添い見えない建築とも呼ぶべき三分一のプランは対照的である。直島には外国人の建築ファン、美術ファンが多く訪れる。特にヨーロッパにおけるエコロジーの高まりを考慮する時、「精錬所」のプランは今後、多くの関心を呼ぶこととなるだろう。
 三分一の建築に対して、柳幸典は精錬所の内部にかつて松濤にあったという三島由紀夫の旧宅を移設するという作品で応じた。三島の旧宅の部材を微妙にずらしながら移築し、カラミ煉瓦やスラグといった精錬所特有の素材と関連づけたインスタレーションの完成度は高く、これまでの柳の仕事の集大成といってよかろう。柳はこれまで国旗やドル紙幣、あるいは憲法といった一つの社会に共有された記号を作品の主題として用いてきた。インスタレーションにおいては三島の作品「英霊の声」および市谷駐屯地での演説が作品の中にテクストとして引用されている。銅の精錬、輸出という事業が明治期の殖産興業の根幹をなしていたことを考えるならば、住友財閥とも関係のあったこの精錬所自体が一つの国家意志を体現したものであり、国家主義者たる三島との関係を推定できない訳ではないが、モネからタレルまでサイト・スペシフィックな作品によって構成されたアート・サイトにおいて、犬島精錬所と三島の結びつきの必然性が私には今ひとつ理解できなかった。ガイドの説明によると、柳がこのインスタレーションを構想するうえで背景となったテクストとしては上記の二つのほかに、三島が自決の三年前に発表した「太陽と鉄」というエッセーがあるという。タイトルから強くプロジェクトとの関係が暗示されるこのエッセーを私は近いうちに読んでみようと思う。
 アメリカ中西部のアースワークやタレルの一連の作品を連想すれば直ちに明らかなとおり、サイト・スペシフィックな作品はその場に立つまでの道行の困難を作品の中に内包している。この点で瀬戸内の島嶼というのはまことに魅力的な舞台設定であり、私は今でも初めて直島を訪れ、ベネッセハウスと家プロジェクトに見えた時の感銘を思い出すことができる。ハイ・シーズンだったこともあろうが、今回、直島を訪れて強く感じたのは人が多すぎるということだ。最初に訪れた際にはひなびたお好み焼き屋しかなかった宮浦港には巨大な「海の駅」なる施設が完成し、人々でごった返していた。かつて同じ地で現代美術との思いがけない、そして贅沢な出会いを経験した者としては残念に感じられる。
 
b0138838_1536552.jpg
私は商業主義と現代美術は両立しないと考える。観光地、リゾート地と化した直島から犬島へ、現代美術のフロンティアを広げることは一つの方法であろう。私はこれらの島をめぐる状況から、かつてのニューヨークを連想した。先端的なギャラリーが密集したソーホーがいつのまにか大衆化し、高級ブティックの街と化し、ジェントリフィケーションを嫌ったギャラリーは例えばチェルシーへと次々に拠点を移した。同様の事態は今後これらのアート・サイトで繰り返されるかもしれない。しかしいずれにせよ集客と利潤追求に明け暮れる昨今の「指定管理者」美術館から駆逐され、帰属すべき場を失ったこの国の現代美術は今やかかる実験を許容する一私企業の度量に頼らねば成立しえないほど深刻な危機に瀕しているのである。
by gravity97 | 2008-08-30 15:36 | 現代美術 | Comments(0)

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック