ジャック・ケルアック『オン・ザ・ロード』

 河出書房新社の世界文学全集の劈頭を飾り、新訳が刊行されたことを契機にジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』を読む。存在を意識しながらも読まずにいたという小説がある。かつての『路上』もそのような一冊であった。今回が初読なので、翻訳を比較することはできないが、青山南の今回の新訳は内容に見合った疾走感がある。
ニューヨークからサンフランシスコ、デンヴァーからメキシコ・シティへ、本書はサルことサルヴァドーレ・パラダイスとディーンことディーン・モリアーティの二人の間断なき移動の記録である。『西遊記』から『日輪の翼』まで移動を主題とした物語を私たちはたやすく想起できるし、アメリカ文学であれば例えば『怒りの葡萄』のごとき、偉大な先行例が存在する。しかし『オン・ザ・ロード』が異例であるのは、この移動が天竺や皇居、カリフォルニアのごとき目的地をもたないことである。ある時はヒッチハイク、ある時は車を送り届けるために、彼らはアメリカを何度も横断し、縦断する。
 セックスやドラッグといった主題が頻出するこの小説がビートニクと呼ばれる世代にとって一つの規範を提示することは容易に理解できるが、世代を超えて半世紀後に読んでも魅力が褪せることがないのは、この小説の「反抗」が単に権威や社会だけでなく、文学という制度そのものに関わっているからであるように思われる。つまり、小説とは初めと中と終わりがあり、その中で何事かが語りb0138838_21325982.jpg終えられるという暗黙の前提に対して、ひたすら移動と通過を繰り返すこの小説にあって、中心となる事件やクライマックスは存在しない。小説が基本的に時間的な構造を有しているのに対して、『オン・ザ・ロード』は空間性をその原理としている。同様にクライマックスを否定する姿勢を私たちは例えばフランスの現代小説が共有していたことを知っている。しかし貧血のようなヌーヴォー・ロマンと比べて断然こちらの方が「いいね!いいね!」
 読み始めるや直ちに同じような背景と構造をもった作品として、デニス・ホッパーの『イージー・ライダー』が想起された。しかしこの映画が最後のシーンで説話論的な構造を完結させるのに対して、サルとディーンは物語にいかなる痕跡も残すことなく、走り去っていく。1957年に発表された本書が、その10年以上後に制作されたアメリカン・ニューシネマの代表作よりはるかに革新的なゆえんである。

by gravity97 | 2008-05-04 21:33 | 海外文学 | Comments(0)
line

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック
line