0013

 私らは侮辱のなかに生きています。いま、まさにその思いを抱いて私らはここに集まっています。私ら十数万人は、このまま侮辱の中に生きていゆくのか? あるいはもっと悪く、このまま次の原発事故によって、侮辱のなかに殺されるのか?
 そういうことがあってはならない。そういう体制は打ち破らなければならない。私らは政府のもくろみを打ち倒さねばなりません。それは確実に打ち倒しうるし、私らは原発体制の恐怖と侮辱のそとに出て、自由に生きていくことができるはずです。そのことを私はいま、みなさんを前にして心から信じます。しっかり、やりつづけましょう。
by gravity97 | 2012-08-09 21:24 | PASSAGE | Comments(0)

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック