0012

予告されたタイトルでまとめられた友人の最終の本がニューヨークの地味な書店から出た時(その本のうしろカヴァーに私の短文がある)、私は長編小説を書いていた。そしてそのまま続けて来たが、「3・11後」それに興味を失った。しかも私はこれまでの仕方で本を読み続けることができなくなっている。あれこれ読んでみないのではないが、かつてのようには集中できなくなった。読み始めるとすぐ、心ここにあらずというふうになる。それでは、残っている過ごすべき時間をどうしたものか?
by gravity97 | 2012-07-26 22:44 | PASSAGE | Comments(0)

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック