CHINATI The Vision of Donald Judd

b0138838_2138224.jpg
 パリ、テキサスではなくマルファ、テキサス。テキサス州マルファはミニマル・アートを代表する作家の一人、ドナルド・ジャッドがその晩年に精力を傾けて設立したチナティ・ファウンデーションが所在する地として知られている。「ドナルド・ジャッドのヴィジョン」という副題が付された本書はジャッドが生涯にわたって追求した自らの作品にとって理想の場所、チナティ・ファウンデーションの全貌を紹介する内容である。やや内輪話めいた解説を加えるならば、ジャッドの没後、長くファウンデーションのディレクターを務めたマリアナ・ストックブラントは今年ディレクターの地位を退く。メインにストックブラントのテクストを据え、ファウンデーションの活動の記録を網羅した本書は彼女のマルファでの最後の仕事といえるかもしれない。ストックブラントのテクストはジャッドが建物を購入して最初に作品を設置したニューヨーク、ソーホーのスプリング・ストリートのビルから説き起こし、いかにしてジャッドがマルファに自らの作品の展示施設を設置していったか、さらにはDIAファウンデーションとの協力と訣別といったチナティ・ファウンデーションの歴史を丁寧に論じている。続いてジャッドの作品が恒久展示してある二つのカマボコ型の元兵舎の外観や展示の様子、野外に設置してあるコンクリート・ピース、次いでリチャード・ロングやデヴィッド・ラヴァノビッチ、ダン・フレイヴィンといったジャッドお気に入りの作家たちの作品の展示風景が紹介され、ヴィジュアル面も充実している。さらにリチャード・シフやニコラス・セロータら、ジャッドの関係の深かった研究者や批評家の論考が収録され、巻末にはコレクションやこれまでの活動についての詳細な資料が掲載されている。アーティスト・イン・レジデンスの継続的な実施や下に示すレヴェルの高いニュースレターの発行など、チナティ・ファウンデーションがストックブラントのディレクションの下に充実した活動を続けてきたことが理解される内容である。
 私事となるが、私は15年ほど前にマルファを訪れたことがある。エル・パソから陸路を半日ほどかけて到着した街の印象は強烈で、本書の頁を繰りながら展示施設のみならず街の風景の写真も懐かしく感じられた。私が訪ねた頃、ジャッドは既に没していたが、ストックブラントがディレクターを務めており、私たち一行は展示に用いられている施設の一角でろうそくの灯りの下、ストックブラントが自ら調理したステーキの歓待を受けた。私にとって生涯忘れることのできない一夜である。本書に収められた図版の中には私が訪問した後に整備された施設も多いが、今述べたディナーの会場となった広々としたアリーナ、あるいはジャッドが執筆に疲れると横になった長椅子といった今なお懐かしく感じられる情景も収められている。それほど長い滞在ではなく、私は一度しかマルファを訪れたことがないためであろうか、私には本書で紹介されている場所が一種のユートピア、現実ではない場所のようにさえ感じられる。果たしてこのような感慨が一旅行者の感傷にすぎないかという判断は難しい。それというのもニューヨークで活動したジャッドが晩年にマルファ、テキサスで試みたのは明らかに現代美術のユートピアを実現することであったからだ。
 本書を一覧してあらためて強く感じることは作品に関するジャッドの思いの強さ、そして商業主義に対する一貫した批判の姿勢である。ジャッドがこの施設を設立しようと決意したきっかけが1968年に開催されたホイットニー美術館における個展への不満であったことはよく知られている。「ニューヨーク(スプリング・ストリートのビルのこと)とマルファでの作品のインスタレーションは他の場所におけるインスタレーションにとって規範となるものである。私の作品はしばしばひどい仕方で展示され、展示期間も決まって短い。だからどこかに適切かつ恒久的に作品を設置する場が必要だったのである。このことは美術館がその使命を果たすのに不十分だという事実をはっきりと示している」私は必ずしも美術館が否定されるべきだとは考えないが、ジャッドにとって自らの作品を最適の状態で設置することは決して譲ることができない条件であった。ひるがえって考えるに現在も世界各地の美術館にジャッドの作品が展示されているが、おそらくその大半は作家にとって見るに耐えない状況における展示となっているのではなかろうか。このようなジャッドの主張を作家の理想主義といって閑却するのはたやすい。しかしながらミニマル・アート屈指の理論家であり、決して妥協を許さぬジャッドという作家がそこまで作品の設置という問題に拘泥したことは、ミニマル・アートの本質と深く関わっているように思われる。つまり作品が設置された状況をその函数とするミニマル・アートにおいて、設置場所を変えることは作品の意味を変えることであるからだ。したがってミニマル・アートは不定の場所に不定の期間作品を設置する展覧会(正確には借用を前提とした「特別展」)とは相容れないのである。スペシフィック・オブジェクトならぬ作品のサイト・スペシフィックな特質は端的に「近代美術館」に対する批判であり、反モダニズムとしてのミニマル・アートの位置を明確に示している。さらにジャッドは次のようにも述べる。「私の作品そして私が手に入れた同時代の作家たちの作品は財産にされてはならない。それはただ単に芸術なのだ。そうしたあるべき姿で作品を保存したいというのが私の願いだ。作品は市場に出回らず、販売もされず、大衆の無知や間違った解釈にさらされることもない」あまりにナイーヴな発言であろうか。しかし私は美術に関する商業主義を全否定したこの発言を全面的に支持する。ジャッドの作品が高額で取引されていることを理由に批判することは可能かもしれない。しかし高額で売買されることは作品の質の結果であって質を証明するものではない。先に『美術手帖』の村上隆特集を批判した本ブログの記事に関して、作品の商業的成功が美術の「本質」や「歴史」を形成するのではないかというコメントをいただいたが、ひとまずこのジャッドの発言をもってコメントを寄せた方への返答としたい。本書には今引いた二つの発言が収録されている「自分の作品を守るために」を含めたいくつかのジャッドの論文が再録されている。(このうちいくつかのテクストは1999年に埼玉と大津で開催されたジャッド展のカタログに日本語訳が収録されている)今日の日本においてこそ味読されるべき文章ではなかろうか。
 最後におそらくほとんど知られていないマルファに関するエピソードを紹介しておこう。マルファという街の名前はこの地に鉄道が敷設された当時、ここを運行していた鉄道の機関士がその時に読んでいた小説の登場人物にちなんでいる。彼が呼んでいた小説はドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』であったという。先年、亀山郁夫の新訳でこの小説を読み返す機会があったので、この点に留意しながら読み返してみた。すぐに想起されないことから理解されるとおり主要人物ではない。父フョードル・カラマーゾフに使える実直な下男グリゴーリーの妻マルファこそが地名の由来であった。ドストエフスキー、テキサス、ジャッド。本来ならばどの二項も結びつくことがない取り合わせが微笑を誘う。
b0138838_21385916.jpg

by gravity97 | 2010-12-25 21:40 | 現代美術 | Comments(0)

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック