0001

長い歳月がすぎて銃殺隊の前に立つはめになったとき、おそらくアウレリャーノ・ブエンディーア大佐は、父親に連れられて初めて氷を見にいった、遠い昔のあの午後を思い出したに違いない。

by gravity97 | 2009-10-10 22:15 | PASSAGE | Comments(0)
line

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック
line