サイモン・シン『宇宙創成』

 
b0138838_21571353.jpg
イギリスの科学ライター、サイモン・シンの著作はいずれも文庫化されるタイミングで読んできた。『フェルマーの最終定理』、『暗号解読』に続き、2004年に原著が発表され、2006年に翻訳が刊行された本書も先ほど文庫化され、早速通読してみる。期待に違わず実に面白い。
 今回のテーマはタイトルからわかるとおり、ビッグ・バン、宇宙がいかにして誕生したかという気の遠くなるような謎である。これまで同様にシンは数式や難解な科学用語を用いることなく、平易でありながらきわめて高度な内容を論じている。理系に弱い私のような読者にとって、例えば『暗号解読』の最後の二章、あるいは『宇宙創成』の後半で論じられている内容の細部は決して十全に理解できる訳ではないが、理解できない部分があるにせよ、何が問われているかという問題の枠組はしっかりと把握することができる。これほどのリーダビリティと専門性を兼ね備えた科学書を私はほかに知らない。
 シンがこれまで発表した著作はいくつかの共通点をもっている。フェルマーの定理、暗号の作成と解読、あるいは宇宙の始原といった全く異なったテーマを選びながらも、シンは個別の問題ではなく、数学史、暗号の歴史、宇宙論の展開といった歴史を視野に収めながら問題を深めていく。数学であればピタゴラス、宇宙論であればプトレマイオスから説き起こし、それぞれの著作の焦点となるテーマの歴史的必然性が次第に浮かびあがってくるのである。シンは冷たい科学史ではなく、実在の人物が織り成すいわば血の通った歴史として問題を素描する。このあたりの記述のうまさはシンの独擅場といってよい。注目すべきは歴史を記述するに当たって、シンはこれまで大科学者の影で見過ごされてきた重要な人物を丹念に掘り起こす。『フェルマーの最終定理』であれば、ソフィー・ジェルマンという女性数学者や、この定理の証明に画期的な役割を果たす谷山豊と志村五郎という日本人の私でさえ名を知らなかった数学者についてきちんと記述され、『宇宙創成』であれば、ハーバード・カレッジ天文台で撮影された写真からデータをとるというきわめて地味な仕事に従事し、ノーベル賞の候補としてスウェーデンの科学アカデミーがノミネートの準備を始めた時には既に若くして没していた女性チームの一員について十分な頁が割かれている。この姿勢からうかがえるのは科学の発達を一人の天才によって成し遂げられるのではなく、無数の人々の連携によって困難な課題が一つまた一つと解決されていくプロセスとみなす立場である。このような楽天主義、理想主義は彼の著作を貫く大きな魅力だ。
 筆の運びも見事である。一見、無関係な話題が提示され、戸惑いながらも語りの面白さにつられて読み進めていくと、実はそれが思わぬところで主題となる問題と密接につながっていくことがわかった時の痛快な驚きは良質のミステリーのそれに近い。具体的に述べるならば、『フェルマーの最終定理』では途中から楕円方程式やモジュラー形式、そして「谷山―志村予想」という全く関係のないような話題が始まる。一体何だろうと思いながら読み進めると、アクロバティックな思考の連続の中から、それらが「フェルマーの定理」の証明と密接に結びついていることが明らかとなる。このような体験は知的興奮と呼ぶにふさわしい。『宇宙創成』であれば、天動説と地動説の葛藤が語られた後に突然アインシュタインの相対性理論が説明される。唐突な展開と感じられながらも、この話題は後半の定常宇宙論とビッグ・バン仮説の対立を論じるうえで重要な伏線となっている。伏線や手がかりを随所に散りばめながら議論を進める手法もミステリーを連想させる。
 本書は宇宙の誕生という壮大なテーマを扱い、紀元前6世紀から今日までの宇宙論の変遷が論じられている。科学のほかの分野と異なり、天文学は実験によって仮説を確認することが困難であり、観察と理論をいわば車の両輪として展開していく。興味深いことに、宇宙論の展開はモデルの隆替の歴史として記述することが可能である。本書の中では主に三つの対立するモデルが検討される。まず天動説と地動説という対立、続いて私たちが属する銀河系が唯一の銀河系であるか、無数の銀河系の一つであるかという対立、そして最後に私たちが属する宇宙が定常宇宙(永遠で静的な宇宙)であるか膨張し続けるビッグ・バン宇宙であるかという対立である。このうち一番初めの対立は私たちの常識によっても理解することがたやすい。シンはコペルニクス、ガリレオ、ティコ・ブラーエ、ケプラーという四人の科学者がお互いの理論を補強しあいながら、長く人々を支配していた天動説というドグマを突き崩していく過程を丹念に検証する。このあたりにも科学の進歩が一人の天才の偉業ではなく、何人もの関係者の共同作業であるという筆者の信念が感じられる。この後、相対性原理や原子物理学といった隣接領域における新知見について一瞥したうえで、シンはビッグ・バン理論という今日の宇宙論の核心に向かう。それにしても宇宙が不変であるか、膨張しているかという問題についていかにして思考することが可能か。シンはいくつものわかりやすい比喩を用いて、問題の輪郭を粗描する。ただしさすがに今回のテーマは抽象度が高く、比喩によっても理解しがたい点もいくつかあったように感じた。しかし難解な理論の積み重ねではなく、科学者たちの活躍を縦軸に織り成されるシンの宇宙論は読み倦むことがない。ビッグ・バン、定常宇宙の双方に与する個性的な科学者たちの肖像はそれだけで一編の物語となる。妻と共に舟で黒海を渡ってソビエト連邦からの脱出を試みるが果たせず、後に国際会議に参加した後、亡命を果たすジョージ・ガモフ。聖職者と宇宙論研究者という二つの顔をもち、ビック・バン理論の先駆けとなるジョルジュ・ルメートル。あるいはかつて読んだ『10月1日では遅すぎる』という時間SFが天文学者の手によるものであるということを私は以前何かの機会に知ったが、その著者こそ定常宇宙モデルの提唱者であり、今日広く流通する「ビッグ・バン」という言葉を対立する理論の蔑称として初めて用いた宇宙論研究者フレッド・ホイルであった。天文学という実学からほど遠い領域であるためだろうか、全体としてこれまでのシンの著作と比べてもユーモラスな挿話が多い印象を受けた。
 先に挙げた三組のモデルのうち、地動説、無数の星雲のうちの一つとしての銀河系、そしてビッグ・バン宇宙が今日正当とみなされている。しかし地動説への転換から理解されるとおり、今日堅く信じられている通念も時に誤りであることが判明する。トーマス・クーンがパラダイム・シフトと呼ぶ、かかる転換を私たちは歴史の中で何度か経験した。真実もまた相対的であるという発見は科学という営みの根幹と関わっている。そして定常宇宙とビッグ・バン宇宙の対立は直ちに神学的な議論へ展開することも可能であろう。すなわちビッグ・バンという概念は世界に始まりがあるということを暗示している。「光あれ」のみならず多くの神話や宗教が世界開闢の物語によって始まることは偶然ではない。聖職にあったルメートルがこのような概念に先鞭をつけた点、ビッグ・バン理論にカトリック教会や教皇が好意的な態度をとった点は暗示的であるが、宗教裁判所によって焚刑に処せられたジョルダーノ・ブルーノを想起するまでもなく、科学者たちが教会に好意的であるはずがなく、これらの点はむしろ定常宇宙論者によって批判されることとなったという。最新の宇宙理論が明らかにしたビッグ・バンは直ちにいくつもの疑問を生む。そもそもビッグ・バン以前には何が在ったのか。あるいはビッグ・バンに終わりはあるか。シンも本書の中でいくつかの可能な答えを示しているが、かかる人智を絶した問いを前に私たちが頼るべきは科学であろうか、神であろうか。
by gravity97 | 2009-02-20 21:57 | ノンフィクション | Comments(0)

優雅な生活が最高の復讐である


by クリティック